カテゴリー別アーカイブ: 金融

キャッシングは大手か中堅か

キャッシングを利用したいと思ったら、大手のキャッシング会社の中から選ぶのが普通でしょう。
大手だけでもかなりの数のキャッシング会社がありますから、自分にあったキャッシング会社が探せば必ず見つかるはずです。
ただ、大手のキャッシング会社は審査が厳しい場合も多いです。
また、大手のキャッシング会社からはすでにお金を借りたことがあって、もう貸してもらえないということもあるでしょう。
そういう場合は、中堅のキャッシング会社を利用してみるのもひとつの選択肢です。
中堅というと大手と比べてやや信用できないイメージもあるかもしれません。
しかし、日本貸金業協会に加盟しているかどうかをチェックしてから利用するようにすれば、信頼性の問題はクリアできます。
中堅のキャッシング会社でもきちんとしたホームページを持っているのが普通ですし、申し込みから融資を受けられるまでの間隔も大手と比べて決して長くはありません。
大手だけでなく中堅キャッシング会社もぜひチェックしてみましょう。

キャッシング会社を選ぶのに比較サイトを利用すると便利です

キャッシング会社から借り入れをする際に、どのキャッシング会社を選ぶか初めての方は悩むと思います。それぞれに特徴があるので、自分の希望するサービスを展開しているキャッシング会社を選択することが重要です。
ある程度参考になるのが、キャッシングの比較サイトになります。キャッシング会社を独自の基準で比較し、ランキング形式で評価してくれているサイトになります。一つ一つのキャッシング会社の特徴をしっかりと説明してくれていますので、初めて利用する方にもわかりやすく、非常に参考になります。
オススメなのは、無利息キャンペーンを行っているキャッシング会社です。借入をする時に、金利については非常に気になる部分だと思いますが、無利息の場合は借入した金額だけ返済すれば良いので、非常にありがたいサービスです。1ヶ月無利息サービスを行っているキャッシング会社もありますので、初めて利用する場合は、こういったお得なサービスを出来るだけ利用する事をオススメ致します。

カードローン選びのポイントについて

カードローンを選ぶ際には、やはり適当に選んでしまうと損をしてしまう可能性があります。なのできちんと選ぶ必要があるでしょう。そして今回はそのカードローンの選びの大切なポイントを紹介したいと思います。
まず人気だけでカードローンを選ぶのはやめましょう。というのもいくら人気のあるカードローンでも自分のニーズとあっていなければ全く意味がないためです。例えば早さ重視でカードローンを探しているのに、利子が安いと人気の審査などに時間がかかるカードローンを選んでしまったは本末転倒ですよね。つまりカードローンで一番大切な事は、自分のニーズにあったカードローンを選ぶという事なのです。
選び方としては比較サイトなどを利用して、自分のニーズや条件とカードローンの特徴を照らし合わせて一番マッチしているものを選ぶと良いでしょう。そうすれば失敗の少ないカードローンを選ぶ事ができるでしょう。カードローンを利用しようと思っている方は是非参考にしてください。

キャッシングで返済が遅れそうになった場合の対処法

キャッシングで返済が遅れそうになりましたら、

早めに対処することがおすすめになります。

早めに対処することで督促をストップしてもらうことができます。

仮に何も対処せずに返済しないことがありましたら、

数日後に電話や手紙になどで督促があります。

そちらが来てしまうことは、

家族にも借金の事実が分かってしまうことにもつながりかねません。

そういった意味からも対処が必要です。

対処方法としてお勧めなのが、

遅れそうになったら事前でも良いのでこちらから連絡することです。

コールセンターがある場合もあります。

そちらに連絡すると、督促などをしないでくれる場合があります。

例えば、1週間以内に入金できる見込みがある場合はそのことを告げましょう。

1週間程度でしたら、返済を待ってくれることが多いです。

その1週間の間は、督促をされることはありません。

ただし、その約束も破ってしまいますと督促はくるものです。

ですので、気をつけて対応してください。

安全で信頼できるキャッシングとは

私は銀行カードローンを活用して、キャッシングをおこなったことがあります。

私の場合は30万円でしたが、金利が消費者金融と比較してみると少しお安かったことや、銀行という信頼性の高さによって非常に安心のキャッシングを楽しむことが出来ました。

キャッシングをするにあたっては、なるべくトラブルは防ぎたいものです。

安全なキャッシングを叶えるためには、銀行カードローンが一番手堅いと感じます。

また、よくテレビでコマーシャルされているような、知名度の高い消費者金融業者を活用するのもおすすめです。

銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しめというデメリットがあるように私は感じます。

安定した収入があれば受かるので、大半の人は利用できると思いますが、収入が極端に少ない場合や他でお借入がある場合には借り入れないことがあるようです。

銀行カードローンはパートやアルバイトの方でも申し込めるサービスも多いですし、審査の問題についてはあまり心配することは無いでしょう。

自分の状況に合わせて、消費者金融と銀行カードローンを上手に使い分けると便利でおすすめです。

 

銀行ATMに手数料を払うか、1週間無利息のキャッシングを利用するか。

キャッシングというと、なんだか危ないような気がしていました。が、よくよく話を聞いてみると、私のまわりにも使っている人って結構いるんです。しかも場合によっては、「この時間だと銀行よりキャッシングで借りて翌日返したほうが、むだな手数料を払わなくていいから、今日はキャッシングで借りてきた」なんていう人もいました。たしかに、銀行のATMは時間外手数料が高いですからね。
でも、キャッシングだって利息がかかるから、同じことなのでは?そう聞いてみたら、会社によっては初めての利用者だと1週間の金利が全くかからないというところもあるそうです。はー、知りませんでしたね。
もちろん、長期間にわたって多額のキャッシングをすると返済が大変になります。そのあたりはみんなよく知っているんですね。ただ、必要な時に少額をパッとかりてパパッと返済する、なんていうことを上手にやると、銀行にむだな手数料を払うこともなくなるんです。そう考えると、キャッシングも上手に利用すればいいだけのことなんだなって、分かりました。
それからときどき、時間帯や曜日(週末など)によってはキャッシングを利用するようになりました。でも、みんなもっと前からこんな風に使っていたんですね。

銀行カードローンは返済方法が多彩だ

消費者金融と銀行カードローンの違いとして私が挙げたいのが返済方法のとれる手段が広いことです。消費者金融単独の業者よりも銀行に属しているグループ会社のカードローンの方が返済方法がたくさんあるのです。やはり企業としての規模の違いが大きいからでしょうね。

カードローンの返済方法として私が良く利用しているのが、コンビニエンスストアから返済する方法です。コンビニエンスストアには今の時代どこでもATMコーナーがあるものですが、そういったATMを利用するのではなくロッピーなどの端末を利用する返済方法です。

端末に必要な情報を入力すると支払い用の用紙が発行されるのでそれを持ってレジに行くだけというお手軽な返済方法です。

これの素晴らしいところが返済の際に手数料を一切支払わずによいことです。カードローンを利用していてついつい見落としがちになるのがこの手数料の大きさです。これを抑えられるので銀行カードローンはよいと思います。

キャッシングのメリットとは

キャッシングはお金を借りる事ですが、借りる先は消費者金融などになります。

キャッシングをする場合は、消費者金融で審査をして融資を受けます。

融資を受けてからの返済能力があるかどうかを審査します。

審査に通ればカードが発行されて、提携銀行のATMを利用して借り入れが出来ます。

返済もいつでもATMで出来るので、急な出費があった時などに一枚作っておくと便利です。

今はネットが普及しているので、ネット上だけで申し込みと審査が出来てその日のうちに借り入れが出来る即日振込サービスもあります。

返済もわざわざ振り込みに外出する必要もなく、ネット上で返済出来るのが魅力です。

初めてキャッシングする場合、無利息キャッシングが出来る期間がある会社のカードを作ると、お得に借り入れが出来るでしょう。

返済能力があるかどうかは借り入れの基準になりますが、アルバイトやパートでも一定の収入があれば借り入れが可能です。

借り入れと返済のバランスを考えて、自分の返せる範囲で計画的にキャッシングを行いましょう。

急にお金が必要になった場合などに、銀行カードローンは非常に便利です

カードローンには、主として銀行系、消費者金融系、信販系と3種類があります。

その中でも、よく名前が知られているような銀行カードローンであれば、返済を無理に要求されたりすることもなく、また無理に取り立てを行うようなこともないだろうということで、多くの人が銀行カードローンを利用したいと思うはずです。

では、銀行カードローンのメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

銀行カードローンのメリットは、低い金利ということと限度額が多いということです。

まず、銀行カードローンの最大のメリットとしては、やはり低い金利ということです。

金融機関によって少し違いはありますが、消費者金融などに比較すると非常に低い金利になっています。

また、銀行カードローンは、法律で定められている総量規制の対象にはならないため、年収の3分の1以上でも借りることができます。

そのため、急にお金が必要になった場合などに、銀行カードローンは非常に便利です。